なんとか病院に行けた

 今日も早く実家へ行った。今日は、いよいよ精神科へ行く日である。

 実家へ行った時、母は起きてテレビを見ていた。それで、自分もテレビを見ていた。母は、主人の両親もわたしの家族も死んでしまっていないから、今夜泊まり、とか二人で一緒に住もう、などと言い出した。

 主人の両親も元気だと言うと、本当か疑う。そして、会いに連れて行け、明日でいいから、と言う。

 わたしの家は、行ってドアをどんどんどんどん、たたいたけど誰もでてけーへんかった、誰もいない、などと言う。妄想である。

 そして、兄は家の事を何にもしない、と言う。今母の食事の面倒をみたり、掃除・洗濯、ごみ出しなど全部しているのは兄なのに。

 兄は追い出して、二人で住もう、と言う。兄が不憫である。すぐに死んだことにされるし。


 そしていよいよ、兄が帰って来た。出かけようと言っても、行かない、と言う。わたしを送って行こう、と言うとなんとかコートを着て、玄関を出た。そこで鍵を閉めた。

 そこからが動かない。説得しても、だめである。大声でわめく。兄が腕を掴んで下ろそうとしたら、手にかみつこうとした。凶暴である。

 そうこうしていたら、ヘルパーさんが助けに来てくれた。それで、ヘルパーさんが母の手を取って、半ば強引に毅然と下りて行こう、と言って、母も観念した。そしてヘルパーさんも同行してくれることになった。よかった。

 クルマを下りて、病院の階段を上って、おとなしく待合室のいすに座って待って。すべての午前中の予約の方の診察が終わってから母の番なのである。そして、とうとう順番が来て、診察室に四人で入った。

 先生は、わたした資料に目を通して下さった上で、最初からの経過を訊かれて、兄が色々と説明して行った。
 母にも2,3質問されたけれど、母が答えるのを拒否した。

 浅香山病院に行くまで、2週間あるので、それまでに飲む漢方薬を処方して下さった。それと、過激な行動に出るような時に頓服で飲ませる液剤を4回分。これは1日1回までで、飲ませたら3~4時間経過を見ていなければならない、ということ。

 漢方薬は朝晩の2回、粉薬である。

 母は先生にあいさつもしないで診察室を後にした。

 会計を済ませて、薬局に行った。ヘルパーさんが、母も薬局で座って待つように言ってくださったのだが、母はまたわめきちらしていた。わたしだけ薬局でお薬をもらって、出ると兄がクルマで待っていてくれた。母はヘルパーさんがクルマに乗せてくださっていた。

 兄は、わたしを駐輪場まで送ってくれると帰って行った。帰った後、大丈夫だっただろうか?病院になど連れて行かれた、とへそを曲げなかっただろうか?

 わたしも行こうかと言ったんだけれど、兄がいい、と言ってくれた。明日も兄が帰る夕方まで行くことになっていたのだけれど、ヘルパーさんと相談して、わたしは明日一日休みを取らせてくれることになった。でも大丈夫だろうか?

 兄に明日の朝か今夜母が寝てしまった頃を見計らって、メールをするべきだろうか?お薬を飲んだだろうか?

 兄は毎日母の面倒を見ているし、ヘルパーさんにも見てもらっているのに、わたしだけ休んでいていいのだろうか?と思う。


 ああ、お薬を素直に母が飲んで、早く効き目が表れますように。
[PR]

by jade03 | 2013-01-23 19:40 | 母の状態 | Comments(0)