ベル、どうしたの?

 きのうベルの様子がおかしくなった。いつもと違ってやけにおとなしい。そして、ぺっちゃんふせの姿勢で寝たままだったり、買い物から帰ってきても立ち上がろうとしない。

 おかしい。絶対におかしい。お耳もいつもしゅんとしている。

 ベル、どうしたの?

 そういえば、朝からうんができていない。雨の日は、濡れるのがいやなのか、うんの回数が少ない日もあるけれど、一回もしていない。

 何か異物を呑み込んで、排出できないでいるのだろうか?腸閉塞か?何を呑んだのか?吐き戻すか、排泄できるだろうか?

 いろんなことを考える。でも、ベルは最近は、靴下を食べたりもしない。ティッシュは今でも時々食べてしまうけれど、ティッシュが腸に詰まったのか?輪ゴムのようなゴム製品を呑んでしまって、それが腸に詰まってしまったのでは?

 異物を呑んでいるのなら、晩ご飯を食べて、フードと一緒に吐き戻せるかも?食欲はあるだろうか?

 この頃はおとなしくしずしずと食す。しばらく様子を見てみよう。ごはんの後、うんができるかもしれない。とにかくごはんだ。

 ベルのごはん前のいつもの行事。お手は両方ともできた。は~いも両方ともできた。しかし。
アップをしようとしたベルの足が少し崩れて、アップができない。

 そうか、わかった。
 ベルは足をくじくか、股関節を痛めてしまったらしい。夜二階で寝ていると、ベルが涼しい場所を求めて移動する。レジャーシートを洗濯物をたたむ時に使うのだが、そのレジャーシートの上で寝ると涼しげな気がして、いつもなら洗濯物をしまったあと、シートもたたんでしまうのに、ベルが涼しければ、とそのまま出しておいたのだ。

 そう言えば、レジャーシートの上を走る時、足が少しすべったのを見た。そうか、シートの上を走る時に股関節を痛めるか、足をくじいたらしい。おとうさんがベルの様子を見た時も、腰当たりをすべらせた時に小さく「ひゅん!!」と鳴いたっけ。

 そうだ、そうに違いない。動物は、体調が悪かったり怪我をした時にはじっとおとなしくして回復するのを待つ。ベルも、足か股関節が癒えるのをおとなしくして待っているのだ。

 夜、ずっと廊下にいたベルが、まだだれも寝ない時間に二階へ上がって行った。のぼるのは大丈夫。けっこう早い時刻に上に上ったので、トイレの心配があったけれど、ベルは階段の踊り場には出てきたけれども、下には降りて来ようとはしない。いつもなら、寂しくなったら自分で降りてくるのに。

 私たちが寝る時も、普通にしていた。やっぱり暑くなったら場所を移動して寝ていた。

 今朝、階段が下りられるだろうか?と思ったが、一番最後に起きてくるおとうさんが降りる時も、やはり階段の踊り場まで来てはいるものの、降りようとはしない。ベルの不調の原因は、足か股関節だという確信は得られたものの、長い間トイレをしていないので、お腹の調子まで悪くならないかと心配だ。それで、おとうさんがベルを抱いておろしてくれた。

 玄関に行ったものの、ベルはシーもうんもする兆しがない。外へ出れば、シ~できるかも?と門を開けて出してやると、なが~くシ~ができた。これでひとまず安心。きのううんが1回もできていないので、うんもしてほしいのだが、介助が必要かもしれない。バスタオルをお腹に回して持ち上げてやるといいらしいのだが、ベルがもよおした時でないとうんはできないだろうなぁ。し し~も、一晩中できなかったことを考えると、もう少ししてほしい。

 玄関の段を上れるかと心配したけれど、普通に上ってきた。うんうん、上るのは大丈夫だね。

 おとうさんと朝のパンを食べていると、ベルが普通に玄関を降りた。おとうさんが、し~をしたみたいというので、玄関に見に行くと、し~もうんもできていた。やったね!!

 うんはまた何回かできるだろう。足腰に負担があるかもしれないけれど、全くできないということはないことがわかって安心。


 今日はまだ階段が自力で下りられないといけないので、階段にフェンスを置いて、ベルが上れないようにしている。たぶん、ベルも上ろうとしないだろうとは思うのだけれど。

 ベル、ベルの不調の原因がはっきりしてよかったよ。きのうのようにおとなしくて、早く治るのを待とうね。

 秋は一雨ごとに涼しくなる。きのう雨降りだったせいか気温が下がっていたので、ベルの毛布を出してきて廊下に敷いたら、その上で寝ていたのだけれど、今は玄関のタイルの上で寝ている。晴れたし、ベルにとってはまだ暑い気候だからだよね。まだしばらく使わないようだったらまたしまっておこう。

 ベル、とにかく原因がわかたことがわたしは嬉しい。原因がわからなかった時はかなり不安だったもの。養生しようね。
[PR]

by jade03 | 2006-09-14 11:48 |